2018年秋ドラマ

文学処女4話(10月2日)の無料動画|見逃し配信ですぐにフル視聴

↓『文学処女』の動画を見るなら↓

hulu

>>>[PR]Huluの2週間無料トライアルを試してみる

(2週間無料の期間終了前に解約すると、料金は発生しません。)

『文学処女』の見逃し動画の視聴方法を紹介

2018年10月2日放送の『文学処女』4話の動画を見逃してしまいました><

大丈夫、Huluを利用して、見逃し配信動画をお得に視聴できるのよ♪

『文学処女』を見逃した場合やもう一度見たい場合は、Huluでの視聴がおすすめです。

今回は、大手動画配信サービスでの『文学処女』の配信状況や、Huluがおすすめな理由、そして具体的な無料視聴の方法について解説していきます☆

『文学処女』の動画配信状況

サービス 1週間以内 1週間以上
Tver ×
Hulu
FOD × ×
auビデオパス
dTV

※情報は2018年12月時点でのものです。
動画配信サービスでの配信状況は頻繁に変わりますので、最新情報は公式ホームページにてご確認ください。

動画配信サービスによる『文学処女』の配信状況は上記です。

色んな動画配信サービスで視聴が可能なんですね><

でもなんで、この中でHuluが一番おすすめなんですか?

それはこれから詳しく説明していくわ☆

Huluがおすすめな理由

hulu

その1 無料期間でもすべての作品が楽しめる

通常、VODに加入すると、

A. 有料会員の見放題コンテンツ
B. 有料会員の課金コンテンツ

の2種類があり、一部の作品は更にお金を払いレンタルしたり購入したりということが必要になります。

ですがHuluの場合、全ての作品が上記の『A.』に属し、無料お試し期間中であってもすべての作品が視聴可能です。

他のVODサービスの見放題対象外作品では、1話ごとにポイントでの購入が必要。

一方Huluでは、配信されてる作品が一律見放題ということですね。

その通り^^

そこが最大のメリットなの。

なるほど。

過去の複数のストーリーを観たい場合には、Huluの待遇はうれしいですね♪

>>>[PR]Huluの2週間無料トライアルを試してみる

(2週間無料の期間終了前に解約すると、料金は発生しません。)

その2 他の国内ドラマも見放題

現在Huluでは、

  • 3年A組今から皆さんは人質です
  • 家売るオンナの逆襲
  • 今日から俺は
  • 乃木ビンゴ
  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル

など、他の国内ドラマやバラエティ番組の人気作品で、配信対象になってるものも少なくありません。

これらの作品も、Huluの無料期間中に視聴が可能です。

※情報は2019年2月時点でのものです。
動画配信サービスでの配信状況は頻繁に変わりますので、最新情報は公式ホームページにてご確認ください。

あとHuluは、海外ドラマや洋画のラインナップも豊富なので、そういうのが好きな人にもおすすめよ♪

この待遇、ヤバすぎますね^^;

VOD(ビデオオンデマンド)サービスが一気に普及し需要が高まってる昨今です。

Hulu側もいつまでこの条件でキャンペーンを実施するのかわからないので、この機会に2週間の無料トライアルを試してみるのも良いですね^^

文学処女を確実に見る方法

  • 『Hulu』に初めて登録する
  • 『文学処女』の見たい回を見る
  • キャンペーン中に解約すれば料金はかからない

>>>[PR]Huluの2週間無料トライアルを試してみる

(2週間無料の期間終了前に解約すると、料金は発生しません。)

パンドラやデイリーモーションでの視聴に注意

無料動画を探してると、

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

と言った、無料動画サイトでの動画が見つかることがあります。

ですが、テレビで放送されたドラマやバラエティ番組、映画などの映像の著作権は映像製作者に帰属するので、このような動画は著作権違反の違法動画となります。

違法動画のデメリット

× 広告が入る
× 動画を探さなきゃいけない
× 動画が全話見つかるとは限らない
× 画質や音が悪い

そして、そもそもが著作権に違反した動画であるという以外にも上記のようなストレス面でのデメリットもあります。

これらのデメリットを理解した上で、それでも視聴したいという場合は、くれぐれも自己責任でどうぞ。

パンドラ http://search.pandora.tv/?&query=文学処女 4話
デイリーモーション http://www.dailymotion.com/search/文学処女 4話
ミオミオ http://search.miomio.tv/?keyword=文学処女 4話

安心、安全、確実に視聴する場合はHuluがおすすめです☆

>>>[PR]Huluの2週間無料トライアルを試してみる

(2週間無料の期間終了前に解約すると、料金は発生しません。)

文学処女4話のあらすじ

最後に、『文学処女』4話のあらすじを確認しておきます。

サイン会を終えた鹿子(森川葵)は、加賀屋(城田優)へのこれまで感じたことのない胸の高鳴りを感じていた。
同僚の望月(中尾暢樹)からもアプローチを受け、もはや大混乱の鹿子。そんな中、原稿が間に合わないという加賀屋に呼び出される鹿子。いつになく弱り切った加賀屋の姿に愛おしさを感じていると、赤文社の光稀(泉里香)がやってくる。二人のただならぬ関係性に、胸がズキズキと痛む鹿子。鹿子は少しずつ、加賀屋への恋心を自覚し始めていた。
そんな中、締め切りに間に合わせるために鹿子は泊まり込みで作業することになり──?
公式サイトより

手が使えない加賀屋先生の家で、シャンプーをしてあげた鹿子は、鼻血を出して倒れてしまいますw

相変わらず、加賀屋先生、からかいすぎですねw

ラストシーンでは、ついに鹿子先生からデートにも誘われ、今後の2人の恋の行方も気になるところです。

hulu

>>>[PR]Huluの2週間無料トライアルを試してみる

(2週間無料の期間終了前に解約すると、料金は発生しません。)