2019年冬ドラマ

はじこい順子(深田恭子)が鈍感すぎ…ウザい×むかつくとの声も

『初めて恋をした日に読む話』での順子の鈍さが話題

 

View this post on Instagram

 

TBS公式【初めて恋をした日に読む話】さん(@hajikoi_tbs)がシェアした投稿

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』で、主演の順子役を演じてる深田恭子さん。

イケメン3人から惚れられて、4話の合宿ではいよいよ、ゆりゆりからも本格的にアプローチされてるシーンが目立ちましたが、その鈍感さが酷いと話題になってるようです。

雅志(永山絢斗さん)からの好意に全然気づかないのは毎回だけど、4話では匡平(横浜流星さん)の好意に対しても、かなり鈍感なリアクションをしてるのが目立ちましたね。

順子のキャラってどう思われてるんだろ。

気になります・・・。

わかったわ、実際の意見を調査&分析していきましょう☆

 

『順子にイライラ』『魔性の女レベル』などの声が多数

深キョン鈍感にも程がある
じゅんこは残酷やで
こういう鈍感なくせに男にはいいるの上手い女いるいる

順子は鈍感かと思いきやとんでもない魔性か?
あそこまで深キョン鈍感って共感力低すぎるよね、本当なら
鈍感というより鈍すぎてちょっとおかしいのかな、コミュニケーション取りづらい人なのかな、と思っちゃう
ドラマだからあれだけど

深キョンの役、ドラマだから見れるけど、職場にいたらこの上なくイライラするタイプ
鈍感にもほどがある!

ここまで来たらもう無神経だよ!深キョンだから見ていられるけど、実際こんな女ヤダ(>_<)

深キョンほどのルックスを持ってしてここまで鈍感なんて、もう病気を疑うレベル

この深田恭子、鈍感どころじゃなく魔性の女レベルw

これ、鈍感女にいらっとしながら見るドラマか
鈍感って罪だね
ガールズちゃんねるより

実際の意見はこんな感じ。

  • 『鈍感』ってレベルじゃない
  • 深キョンじゃないと許されない役柄
  • 実際に周りにいたら、イライラするタイプ

などの声が多く見られました。

 

深キョンさんは役を演じてるだけなわけですが、たしかにこの順子が実際にいたら、まわりの男性は傷つくことでしょう。

順子タイプが嫌いな女性は多いでしょうね。

雅志(永山絢斗くん)に対する鈍感さ具合は、半分ネタみたくなってるからもう慣れたけど、合宿でのゆりゆりのアプローチを『ウソコク』と勝手に思い込んで安心した4話ラストのシーンは酷いって思ったわw

あのくだりのための、前半での予備校の女の子に対しての、男子たちのウソコクだったんですね。

あの女の子可哀想だし、男子3人組にも腹が立ちました。

あのシーンのエトミカはかっこよかったわね^^

エトミカの評判も良くないけど、あそこでかなり見直しちゃった♪

でも、雰囲気で本気かウソかわかると思うし、自分のことを好きっぽい男の子に対して

『嘘で良かった、安心した』

みたいなことを言っちゃうのは、さすがに可哀想だとも思います^^;

順子に悪意がないから余計タチが悪いんですよね。

安達祐実さんも言ってたけど、雅志(永山絢斗さん)ってすごいと思いますw

雅志(永山絢斗くん)はいとこ設定だもね。

とはいえ、3人の中で一番報われない感じがして、気の毒に思うわ><

4話のロシアのシーンとかコント状態だったし、最近じゃ雅志(永山絢斗くん)の登場シーンはコメディ感覚で観ちゃってるけどw

5話予告では山下先生(中村倫也さん)も本格的に順子にコクるようなシーンがあったので、楽しみですね♪

そうね♪

4話ラストで、離婚届が見えたし、きっと奥さんと離婚して、順子にアプローチしだすんじゃないかしら。

山下先生(中村倫也くん)に対しても、同じように鈍感にふるまえる女子がいるなんて、信じたくないけど・・・。